【やくしま】へおいで ー屋久島ー | 宮之浦岳






宮之浦岳
【やくしま】へおいで-屋久島-

亜寒帯に生息する樹齢7000年以上とも言われる杉と、亜熱帯に生息するがじゅまるの木・・・
やくしま】ではその両方が互いを邪魔することなく、共に生きている。
これが、【やくしま】の姿そのものではないだろうか。

世界遺産の島、希少動物の楽園・・・
【やくしま】にどんな呼び名がついても、島の人々は変わらない。
スローに生き、ただシンプルに、【やくしま】を愛している。


九州最高峰の頂

屋久島の中心にある峰々は「洋上アルプス」と呼ばれている。
中でも宮之浦岳は日本百名山にも選ばれた九州最高峰の山。
又、日本最南端の高層湿原であり、その風景は大変美しい。
なかなかに厳しい道のりであるが、一見の価値がある。

登山には往復で約10時間程度を見積もっておこう。
日帰りするのなら、最低でも朝の6時には出発したい。

淀川小屋で1泊するか、黒味岳までで引き返す日帰りコースが無難。
いずれにせよ、きちんとした登山準備を忘れずに。

そして、タクシーなら帰路の予約は必ずしておこう。

宮之浦岳のみどころ

宮之浦岳の登山は淀川登山口(よどごうとざんぐち)から始まる。
駐車場とトイレ、案内板が整備されている。登山届をかいたら箱の中に入れて出発。

40分程歩いたら、淀川小屋が見えてくる。
屋久島にある山小屋はすべて無人なので、宿泊などに利用の際はシュラフなどの
装備が必要。トイレ・水場もあるので、休憩に立ち寄るのもいい。
シーズン中には混雑することもある。

淀川小屋の先では淀川を橋で渡る。屋久島の山岳部では珍しい穏やかな川だ。

橋を渡り進むと、小花之江河(こはなのえご)という場所に出る。
ここは、湿原と屋久杉が作りだした自然の庭園で、2800年程前にできたと言われている。
石の祀があるが、これは島の守り神である一品宝珠大権現
(いっぽんほうじゅだいごんげん)を祭っているもの。

小花之江河では黒味岳も見ることができ、開放感がある。
先に進むと、黒味岳分岐がある。ここから黒味岳山頂までは約1時間。
黒味岳山頂へ寄り道をしない場合は、投石平投石岩屋栗生岳を通って山頂へ。
宮之浦岳には休憩所などの設備はない。
風の強い投石平のあたりで強風や雨に見舞われたら、投石岩屋と呼ばれる巨岩を
見つけて雨露を凌ごう。岩の下に大きな隙間がある。

栗生岳を抜けれて50分程歩くと宮之浦山頂。
展望のさることながら、屋久島でしか見ることのできないヤクシマアザミ
ハナヤマツルリンドウヒメコナスビヤクシマママコナなど、
可憐な高山植物も目を楽しませてくれる。


宮之浦岳アクセスデータ

バスなら・・・
バスはない。

タクシーなら・・・
安房から淀川登山口まで約70分、5,200円程度。

駐車場は10台。

 

宮之浦岳登山関連用語

縄文杉 屋久島地図 種子島 トレッキング登山 写真登山 ynac あかつき
トレッキング パイン 安房 遭難 岳山荘 岳沢 岳温泉  岳駐車場 登山ルート
登山地図 紅葉 登山道 縄文 縦走登山 一人旅屋久島 ダイビング 杉 民宿
屋久島町 岳コース 滝登山 登山コース 登山ハイキング 高登山 ガジュツ 北岳
空港 白谷雲水峡 雲水 白谷 いわさき 世界遺産屋久島 百岳 100mountain







Copyright (C)  屋久島へおいで  All Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載を禁止いたします。